ネット誹謗中傷被害に遭遇しない方法と、対処の仕方

棘のある言い方はトラブルの元

ネット上では、ブログやホームページなど自分の気持ちを不特定多数の人に表現する場が数多くあります。波を立てずに様々な人と交流できれば楽しいものとなりますが、なかなか上手くいきません。人はそれぞれ考え方が異なる生き物なので、当然自分の主張に否定的な意見が発生してきます。それがネット誹謗中傷の火種となります。なので特定のものを強く否定するなど棘のある言い方をすると、それに反発する人が必ず現れます。自分の気持ちをダイレクトにネット上で表現してはいけません。

ヒートアップすると泥沼化する

ネット上では、基本的に文字でのやり取りが主流です。なので、喜怒哀楽が伝わりにくく思わず相手を怒らせてしまうことがあります。相手が怒って誹謗中傷してきたからと言って、こちらも汚い言葉で応戦していると事態は泥沼化します。むしろ応戦することで、相手を調子づけてしまうので更にヒートアップします。汚い文字のやり取りは他の多くの人にも見られますので、他の人からの信頼性も失うこととなります。誹謗中傷は基本的に無視するのが好ましいです。

大きな問題に発展する可能性もある

ネットの誹謗中傷は、単なる悪口で終わらないケースがあります。それは、ヒートアップし過ぎて生命を脅かす言葉が出た時です。例え冗談のつもりでも、そのような言葉は法に触れるので適切に対処しなければなりません。前述した通り応戦は禁物なので、警察に相談するなどして刑事事件として発展すれば相手の住所なども特定されます。それ以外でも、知り合いからの誹謗中傷によって個人情報を流出させられたなど具体的な被害があれば見逃してはいけません。

逆SEOとは、SEO対策とは逆に、特定のページの検索順位を下げるために行う様々な方法のことを言います。