こんなに節電効果あり?!LED証明の特性

驚くほどの節電効果!LED照明導入のすすめ

LED照明が消費電力が低いことが特徴であるのは誰もが知っているのでは無いでしょうか。いったいどのくらいの節電効果があるのか、白熱電球と交換した場合は消費電力は約4分の1に抑えることができます。蛍光灯であれば約2分の1からほぼ同等の消費電力といえます。しかし、蛍光灯は寿命が短いので有名な照明。LEDに交換すれば10年はもたせることができるので、トータルコストを考えると安く抑えることができるでしょう。積極的にLED照明を導入して節電生活を送ってみてはいかがでしょうか。

なんといっても長寿命が魅力!

LED照明の良いところは、消費電力が低いことだけではありません。長寿命であることも最大の魅力です。おおよその寿命は約10年といわれています。一般的な照明が2年から3年で交換しなければならないことを考えると、長寿命により得られる恩恵は大きいものです。特にオフィスなどで使用している場合は電球の交換作業は大がかり。そんな大がかりな工事を行う回数が減るということは、経営者にとってはとても魅力ですよね。トータルコストを考えてLED照明を導入するのがおすすめです。

意外と簡単なLED導入工事

特に大きなオフィスなどでは、LED照明を導入するに当たり、大きな工事が必要になるのでは無いかと、なかなか工事に踏み切れない経営者もいるのでは無いでしょうか。しかし、今は、既に付いている一般的な電球や蛍光灯を電球交換の要領で簡単に交換できるタイプのLED照明が販売されています。つまり、大がかりな工事が必要ないわけです。これなら、交換するための工事のコストも最小限に抑えることができますよね。一般的な家庭でも同じです。照明器具を交換せずに電球だけLEDタイプに交換してしまえば良いわけです。

ledパネルは非常に便利なもので、暗いところを明るく照らすことが出来ます。さらに電気代も節約可能なので、今後に期待が持てると言えます。