ビットコインの特徴と人気の理由

ビットコインの原理と特徴

ビットコインは仮想通貨の一つで、インターネット上にのみ存在する通貨です。

実際のお金のように国の管理の下で発行されるのではなく、高度な演算問題をコンピュータが解くことによって手に入れることが可能で、最大で2100万ビットコインが上限と決められているため、安定した通貨として注目が集まり、一定の価値が認められました。

その後、金融危機のような経済状態が不安定な時期には、新しい通貨として注目が集まり、現在は、投資家の影響もあって、価格の激しい乱高下が続いています。

ビットコインの価格推移

この結果、1ビットコインは2013年には12万円を超える価格をつけましたが、中国政府が金融機関によるビットコイン取引を中止したり、日本国内唯一の取引所であった業者が閉鎖するなどのトラブルが増加したこともあり、2014の2月には価格は2万円以下にまで下落してしまいました。

その後、多くの業者が取引所の開設やインターネット決済で参入することによって再び価格は上昇し、2016年現在は約4万円から5万円の価格で取引されています。

魅力的な送金システム

ビットコインには銀行のような管理者がいないため、常にハッキングの危険にさらされているというイメージがありますが、コンピューターのセキュリティーを強化すれば、個人で資産を管理できるというメリットがあります。

また、送金システムも魅力で、中央管理所や国という概念が存在しないため、個人の同意さえあれば海外でも時間をかけることなく送金が可能で、新しい取引方法として注目されています。

ただし、送金先を間違えた場合などは取り戻すことは難しくなるので、個人の管理が非常に重要になる通貨と言えます。

ビットコインとはインターネット上で世界中に流通しているインターネット上で使うことのできる仮想通貨のことです。